木曜・日曜・祝日も診療いたします。9/20(月)・9/23(木)診療いたします。🦷✨

むし歯治療と歯周病治療

むし歯や歯周病は感染症です

虫歯菌に感染した歯をそのままにしておくとむし歯になった歯だけではなく隣の歯にまで虫歯菌が移ってしまいます。
むし歯と同じように歯周病も感染症です。細菌が歯と歯茎の境目で歯肉を炎症させる病気で、そのままにしておくと歯を失う原因となります。

むし歯や歯周病の原因である口腔細菌が脳梗塞や狭心症・心筋梗塞、糖尿病など全身の健康に影響を与えることがわかってきました。
お口だけではなく全身の健康のためにも早目の治療を心がけましょう。

歯周病治療はこちらから

むし歯の治療

Cavity protection

むし歯は、口の中の細菌が作りだした酸によって、歯が溶けた状態のことです。通常は痛みなどはありませんが、進行すると耐えられないほどの痛みになったり、全身に細菌が回ってしまうこともあります。

むし歯は進行するほど歯を削る量が多くなってしまいます。そうすると、簡易的な補修では対応できなくなり、銀歯などの補綴(ほてつ)治療が必要となります。補綴治療は、時間も費用もかかりますので、むし歯は早期のがとても大切です。違和感や痛みを感じた方は、早めに受診しましょう。
また、初期のむし歯は症状が出ないことがあります。特に症状がない方でも、数年歯科を受診していない方は定期健診を受けてみましょう。気づかないうちにむし歯になっているかもしれません。

むし歯の早期発見・治療のメリット

MERIT

むし歯の早期発見・治療は痛くなる前に対処できる、初期であれば簡単な処置で済む、治療のために何度も通院せずに済む、治療費が安く済む、治療期間が短くなるなど様々なメリットがあります。

むし歯の進行と治療法

How to treat cavities

C1

エナメル質のむし歯

歯垢(プラーク)が付着している状態が続くと、歯の表面のエナメル質が溶かされていきます。 歯の表面のエナメル質は、人の体の中でもっとも固い部分ですが、酸に長時間さらされることにより溶け、表面がざらざらします。

むし歯に冒された部分を削り、レジン(合成樹脂)を詰めて治療します。

C2

象牙質のむし歯

むし歯が進行して、エナメル質を超えて内部の象牙質にまで広がると、冷たいものや甘いもので シミるようになります。

むし歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3

神経まで達したむし歯

象牙質の内側の神経までむし歯が進行すると、何もしなくても痛みが生じます。さらに熱いもので痛みが強くなります。

神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4

歯根まで達したむし歯

むし歯が神経の奧にまで進行すると、歯の根っこまでむし歯になり抜歯しなければならなくなります。

多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯を補います。

むし歯治療を予約する

歯周病とは

What is Periodontitis

歯周病とは、細菌によって起こる炎症で、歯ぐきや、歯を支える骨などが溶けてしまう病気です。歯茎の間に多くの細菌が溜まり歯肉が炎症を起こします。
さらに進行すると膿がでたり歯がぐらついたりしてきて、最終的には歯を抜かなければならなくなります。

Card image cap
歯肉炎

歯周病菌が歯と歯肉の間に入り込み、プラークや歯石がたまりはじめる。

Card image cap
歯周炎(軽度)

歯と歯肉の間に歯周ポケットができる。歯周ポケットにプラークや歯石がたまる。

Card image cap
歯周炎(中度)

歯周ポケットが深くなり、プラーク・歯石がさらにたまる。歯肉が腫れたり出血する。

Card image cap
歯周炎(重度)

歯槽骨が溶けはじめ歯を支えられなくなる。歯がぐらつき、最終的には抜けてしまう。

歯周病の治療

Periodontal disease treatment

歯周病の原因である歯垢と歯石を取り除き歯根を滑らかにする、歯の咬み合わせの調整などを行います。

歯垢除去のほとんどはご自宅での歯磨きが中心となりますが、歯科医院で器械的に行うこともあります。歯や歯の周りには、バイオフィルムと呼ばれる細菌が作った膜ができます。バイオフィルムはうがいや通常の歯磨きでは、なかなか取り除けません。歯科医師や歯科衛生士により専用の機器を使って取り除くのが最も効果的な方法です。これをPMTCと言います。また、歯ブラシの届かない所に汚れがたまりやすくなります。PMTCはそのような所の汚れもきれいに落とします。

PMTCのメリット

MERIT

歯質の強化

研磨用のフッ化物入りペーストにより再石灰化(カルシウム等)を促進し、歯のエナメル質を強化します。

むし歯の予防

細菌性バイオフィルムを破壊し、プラークを除去し、再付着を防ぎ、むし歯予防をします。 またエナメル質表面のカルシウム補強を助けます。

歯周病、歯肉炎の改善・予防

歯面から歯肉縁上ならびに歯肉縁下1~3mmのプラークを除去することにより、歯肉の症状を改善します。または肉が引き締まってきますので、歯周病、歯周炎の予防にもつながります。

審美性の向上

タバコやヤニや茶シブなどの沈着した色素を取り除き、光沢のある本来の歯面に回復します。また汚れを付きにくくします。

PMTCの手順

How to PMTC

STEP.1

ブラッシング状態、歯、歯肉のチェック

STEP.2

研磨ペーストの注入

STEP.3

清掃・研磨

STEP.4

歯肉ポケット内や歯の洗浄

STEP.5

フッ化物の塗布

歯周病治療を予約する

アクセスマップ

ACCESS MAP

さいとう歯科
三重県四日市市大字茂福108-1
Tel.059-366-1188

トップ